2007年10月15日 (月)

徐々に復活しつつあります

手術の翌週はたいした出血もないわりに

貧血でフラフラで、

オナカは全く痛くないけど

足腰が異様にダルイ。

てな状態でした。

病院には3日後に来るように言われて行ったけど

初めて当たった女医さんで、

聞きたいこと(今後の妊娠等)も聞く気になれんくらい

愛想悪かった。

エコー見て「まだ出血あるね。」、終了。

「生理一ヶ月こなかったらまた来て。」だけだったので

さすがに「え?もう来なくていいんですか?」て聞いたら

「まぁ一ヵ月後もう一回診てたら安心やけど・・・」と

ゴニョゴニョ言うから

「じゃあ一ヵ月後お願いします。」と帰ってきた。

同じ病院で出産した友人に聞いたら、非常に評判悪い先生やった。

今度はちゃんと先生調べて行こ(ー_ー♯

  

土曜は気分を変えるために美容院へ行ってきた。

071014_005441久々の茶髪。

4~5年ぶりくらいかなぁ。。。。

勢いでカラーしたものの、

頭皮から悪いもんガンガン入ってる

ような気がしてプチ後悔(==;

しかも愛用の石鹸シャンプーと相性悪い悪い(==;

でも、気分はすごーくリフレッシュ☆

  

日曜は「まだゆっくりしてた方がいいんちゃう?」

という旦那さんに、わがまま言って神戸へドライブ。

071014_134814_m

とりあえずケーキ♪

甘さ控えめで大人な風味の

マロンケーキ。

食欲の秋です。

悲しみに負けない自分が悲しい(T▽T)

071014_132209_m紀香・陣内が式を挙げた

生田神社へ。

初めて行ったけど、めっちゃ都会にあって

びっくりした。

しかも小さいし。

そりゃ大騒ぎになるわ。

071014_132958_m神社入りした紀香・陣内が

手を合わせてた・・・なんちゅーの?コレ。

芸の神様らしいのに、横には「愛」って書いた

絵馬がびっしり釣られてました。

この橋もリニューアルしたみたい。

生田神社はすっかり恋愛の神様でした(笑)

そして私たちは子宝祈願してきました(==)v

  

こんなカンジで元気です~

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

9週目、稽留流産

お腹の赤ちゃん、やっぱりお空に帰っちゃいました。・。・。・☆

前の日記にも書いたけど、少しの希望がだんだんだんだん膨らんで

「やっぱり大丈夫な気がする!」と一瞬思ったり。

が、1週間後の診察を待たずに10月4日少量の出血。

深夜トイレに立った時にティッシュが薄~くピンク色だったので

「これは出血になるんか?」というくらい微妙なかんじやったけど、

次は3連休明けの診察やったから、何かがあってからでは遅いと

思い、5日の朝重い足取りで病院へ向かった。

エコーに映った胎嚢は、私の目から見てもわかるくらい

前より小さくなってたし変形してた。

「もうすぐ大出血起こすから、今日入院してもらって明日処置しましょう」

流産確定。

泣きながら一旦家に帰った。

でもどこか冷静で、途中で入院費おろしたり、入院準備したり、

洗濯物が溜まっていたので洗濯機回して、掃除機をかけた。

旦那さんが帰ってきてくれて、入院まで時間があったので

気分を変えるために車で近所のファミレスへ出かけた。

お茶しながら「一ヶ月楽しかったな」とか言うもんやから

涙が出て止まらなかった。

家でお風呂に入り、夕方病院入り。

待合所で待ってた時、旦那さんが泣いた。

旦那さんは初めての産婦人科。

周りは妊婦さんや赤ちゃんばかりやから、今の自分らの状況が

余計辛く感じたんやろうな。

旦那さんも同じ気持ちなんやなー・・・・とちょっと嬉しかった。

旦那さんと一緒に先生から手術の説明聞いて、

子宮口を広げるための何かを入れられる。

タンポンのような異物感が気持ち悪かった。

病室は個室のみ。

とは言っても産婦人科なので横では新生児の泣き声が響く。

これまた悲しかった。

面会時間が過ぎ、旦那さんが帰ってから色々考えた。

稽留流産は母体どうこうではなく

染色体異常など赤ちゃん側に原因があるのがほとんど。

だけど「何が悪かったんやろうか・・・」と思ったり、

明日お腹からなくなると思うと「やっと妊娠したのに・・・」と

悲しくて悲しくて。

3時くらいまでi-podボーッと聴いてて、なんとなくウトウトしたけど

6時には目覚めて身支度してた。

6日、手術は外来診察前の8時50分くらいにスタート。

10分で済むんやて。簡単やね。

そんな大きな病院でもないから、手術室ってどこなんやろ?て

思ってたら、いつもの診察室横の普通の小部屋。

下着を取り、普通の診察台に足を広げて座らされ、麻酔が効いて

台から落ちないようにと手足を縛られる。

何コレ・・・・・・・・・

と天井見ながら悲しい格好とお別れに涙がポロポロ。

「麻酔入れます」と淡々と準備をする看護士。

「入りました~」という声が聞こえた瞬間、頭の中で景色がゆっくり前転。

赤いサイケな世界やった。

映画内でラリった頭の中を表現する時のような映像。

マトリックスの世界にも似てた。

「眠ってる間に終わりますから」と聞いてたから、胃カメラした時の

ような気持ちのよい眠りを想像してたのに、

頭の映像は消えることなく、何かはわからないけど

ずーっとグルグル回り続けてて気持ち悪かった。

病室には車イスで戻ったらしいけど、乗せられた記憶など全くなく

気付いた時は病室のベッドの上だった。

とはいっても周りの声が聞こえるだけで、目は開かないし、

身体は変なカタチで固まって指先すら動かないし、声も出せない。

呼吸も出来なくて、気持ち悪いのに動けなくて寝ゲロまでする始末。

いつから居たのか、そんな私の手を握ってずっと

「大丈夫!ゆっくり息しろ!痛かったな!」

と旦那さんが励ましてくれてた。

顔は見えなかったけど、旦那さん多分泣いてた。

苦しさが少し治まったと思ったら痛みがきて

意識が朦朧とする中、

私の汚れた顔を拭いてくれてる旦那さんに私は泣きながら謝ってた。

あと赤ちゃんにも。(胎児の確認は出来なかったから実際はいないのかもしれないけれど)

術後2時間くらいすると嘘のように治まりラクになった。

麻酔が効きすぎたのか合わなかったのか・・・・本気で死ぬかと思った。

良いのか悪いのか、この苦しみが勝って術後泣くことはなかったけど。

同じように初期流産を経験した友人から

「きっとお腹の赤ちゃんはお空に帰って神様に悪いところを治して

もらってるんだよ。

そしてまたお腹に帰ってきてくれるよ。」

とメールをくれた。

この言葉で前向きになれたし、夫婦の絆は深まった気がする。

今は早くお腹に赤ちゃんが帰ってこれるように

体調整えて元気にならねば!と頑張ってますd(^▽^)b

今は旦那さんや家族に助けてもらい、自宅で心と身体癒し中☆

   

ご心配おかけしてすみませんでした。

あと長いのに読んでくれてありがとです(*・ω・*)/~~~

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

前向きに

昨日は旦那さんが仕事を切り上げて帰って来てくれました。

安産のお守りを買って。

  

妊娠だと診断されてから3週間経ってのエコーで胎児が確認できず、

しかも胎嚢のまわりに出血の影。

それに2~3日前から胸のハリがなくなってきていたし、

気持ちのせいか昨日は軽い下腹部痛も。

正直諦めかけてた私に

「一週間は泣くの我慢し。赤ちゃんがまだ見えないだけで

泣くのは早いかもしらんで。」と。

ネットで色々調べてくれて、

「生理の周期が人より長いから(私は35~40日)

確認出来へんだけで、1週間後にはおるかもよ!

そんな人他にもおったで!」

と元気づけてくれました。

「そうやな~」と思った。

もしまだ赤ちゃんが頑張ってるなら信じてあげないとね。

私が先に諦めたらあかんよな。

この1週間は毎日が長くて不安で仕方ないだろうけど

微かな希望を持って頑張ろうと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

不安

今日3週間ぶり、2回目の検診に行ってきました。

この前は小さな小さな胎嚢が確認できただけだったので、

「今何週なんだろう」

「予定日いつだろう」

というワクワクした気持ちと、

「いなかったらどうしよう」

という不安な気持ち半々で。

  

「今日赤ちゃん確認できたら母子手帳もらってきてください。

あと血液検査しますね。

まずエコーで確認してみましょう。」

と言われ、モニターに写るエコー画面を見てました。

(わ♪袋が大きくなってる!)

と思った瞬間

「う~ん、赤ちゃん確認できませんねぇ。

嚢の周りに出血の影見えますし・・・・・・

今回は育たない可能性ありますねぇ。」

と言われ血の気が引いた。

「1週間後にもう一度見てみましょう。

それで確認できなかったら流産の可能性があります。」

もう泣きそうになるのを堪えるのに必死でした。

1週間分の止血剤(まだ出血はないけど今後可能性があるらしい)

をもらい、自宅安静を告げられました。071002_151415

こういうことがあるのは知っていたし、

まだ決まったワケではないけれど

・・・・・・今は悲しいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

ご報告

2週間もブログほったらかしてすみません。

私も旦那さんも元気ですよ。

結果から言います。

妊娠しました 私。ノ(>▽<)ノイェーイ♡♪

結婚して2年と7ヶ月。本気で子作り(基礎体温つけて、

排卵検査薬をして毎月狙い定めて集中トライ)開始して

半年経ちますが全然出来る気配はないし、私はもうすぐ33歳。

高齢出産といわれる35歳までに産みたい!!

と強く願っていたので

「毎月狙ってるのになんで?もしかして妊娠出来ない体なのか?」

とかなり焦ってました。

ごくごく最近にも書きましたが、その焦りから喧嘩勃発(というか一人泣きですけど)。

「焦っても仕方ない」と思いなおし、

私の失業保険給付も終わるので一旦子作りは休止して、

本格的に仕事探しを始めて、

子作りは仕事に慣れた頃にまた再開しようと思い、

面接用のスーツを見に行ったり、履歴書や職務経歴書を

作成したり、派遣会社に登録したり・・・と忙しくしてました。

<で、ブログが疎かになってました(;・∀・)>

そんな中、やけに眠れない日が続き、肌荒れめっちゃしだして、

生理が1週間ほど遅れ、

どれもこれも社会復帰のプレッシャーかしら?と思っててんけど、

生理予定日から10日過ぎ、喉が渇いて咳が出て、胸が痛くなり・・・

「これはもしや?」と思い妊娠検査薬をしてみると見事ビンゴ☆

ひゃ~

まさかなー

今回も絶対外したと思ってたし、完全に休止モードに入ってたから

びっくりしたし、旦那さんの収入だけじゃかなり厳しい我が家。 

安定期に入るまで何があるか、まだまだ手放しでは

喜んじゃいけないかもしれないけど・・・・・・・・・・

やっぱウレシー。+゚(つз`o)゚+

070910_125521_3 ←まだ初期の初期すぎて

  全然見えへんけど・・・・♪

  不思議な気持ちです。

| | コメント (17) | トラックバック (0)